生活デザイン

カレンダー

カレンダーは1460年にグーテンベルクによる印刷暦の発行が最初といわれています。日本では、1883年引札からの多色広告暦によってつくられるようになりました。引札とは今でいうチラシや折込広告、手配りのビラにあたる一般的広告物のことです。

1903年には日めくりカレンダーが発行されて後、カレンダーはその機能性、装飾性、宣伝性を主とした表現がされるようになり、今現在でも情報化社会の知的媒体として様々な形でつくられています。

主なカレンダー形式

・日めくり、月めくり、週めくりの冊子

・1年分を1枚にしたポスター形式のポスターカレンダー

・ブロックを用いるブロックカレンダー

・パネルカレンダー

・自動的に日付が表示される電子式電子カレンダー

・スマホによるデジタルカレンダー

・企業の宣伝や商品の宣伝を兼ねたカレンダー

商品例

月めくりカレンダー
企業宣伝と兼ねた1年のポスターカレンダー
ブロックカレンダー
キャラクターブロックカレンダー
卓上日めくりカレンダー
卓上月めくりカレンダー
卓上月めくりカレンダー
卓上月めくりカレンダー
月別独立カレンダー
月別独立カレンダー

販売店の販売状況

① 左:残り4点、中:2点、右:3点
② 左:残り10点、中:7点、右:7点

上記画像は、金沢市内の文具店で販売していたA5版横置きのカレンダーです。①の3点は残り少なく、②の3点はあまり売れていないようです。

パッと見る限りどれも同じように見えるのですが、どうして①の3点だけが売れているのでしょうか?売れる違いを検証してみました。

1.①の中と右のカレンダーだけが右上に前月と後月のカレンダーが付いているものの、その他のカレンダーには付いていないという違いに気付きました。

2.①の中と右のカレンダーだけが数字の位置、左隅に付いており、その他のカレンダーは数字が右隅に付いている違いに気付きました。さらに数字も太くなっていました。

3.①の中と右のカレンダーだけが日曜日の背景色に赤を使っていて、鮮明に見えました。が、その他のカレンダーは鮮明さに劣っている違いに気付きました。さらに①の中は下段に書き込みができるようにと背景色の赤は上段にのみにつけるという配慮がされていることに気づきました。